第11回殿堂入り(平成18年度)

ミヤコ蝶々・南都雄二漫才師

ミヤコ蝶々(ミヤコ チョウチョウ) 大正9(1920)年~平成12(2000)年 享年80
南都雄二(ナント ユウジ) 大正13(1924)年~昭和48(1973)年 享年49

ミヤコ蝶々は「都家蝶々一座」の座長として七歳で初舞台を踏み、地方の劇場を中心に芝居・漫才などの芸を磨いた。
昭和18(1943)年、吉本興業に入社、大阪に活動拠点を移す。
南都雄二は三遊亭柳枝率いる一座に参加していたが、蝶々と共に退団、昭和23(1948)年に漫才コンビを結成、夫婦となる。
秋田實に才能を見出され、宝塚新芸座に参加、一躍人気者となる。
昭和30(1955)年から朝日放送「夫婦善哉」の司会者として注目を集め、マスコミの寵児となった。
蝶々は日向鈴子のペンネームで脚本を書き、自ら演出・主演した。
道頓堀・中座をホームグラウンドとし、定期的に座長公演を開催、「辻説法」と称する一人語りでもファンの心をつかみ、昭和59(1984)年に紫綬褒章、平成5(1993)年に勲4等宝冠章を受章した。