第20回殿堂入り(平成28年度)

三代目 桂春団治(カツラ ハルダンジ)落語家

昭和5(1930)年~平成28(2016)年
享年86

二代目桂春団治の長男として生まれ、戦後の上方落語の復興に尽力。後に、四天王の一人と呼ばれ親しまれるなど、今日の上方落語の隆盛に大きな功績を残す。
1959年に29才の若さで三代目桂春団治を襲名。どんな舞台でも手持ちのネタをきっちりと演じ、上品で鮮やかな芸は多くの観客を魅了した。
また、踊りの素養を生かした仕草が特徴的であり、なかでも羽織を脱ぐ際の無駄がない動作は絶品と評され、「いかけ屋」「野崎詣り」「親子茶屋」などを得意とした。1998年に紫綬褒章、2004年に旭日小綬章を受章。
四天王のうち最後まで現役で高座に上がり、上方落語を代表する存在として、東西落語家の交流や、一門の枠を超えた弟子の育成など落語界への貢献は非常に大きい。