第10回殿堂入り(平成17年度)

五代目 桂文枝(カツラ ブンシ)落語家

昭和 5(1930)年~平成17(2005)年 享年74

昭和22年、踊りの師匠でもあった四代目文枝に入門、あやめとなる。
落語はもとより舞踊・鳴り物の修業にも励み、昭和29年に三代目小文枝を襲名した。「四天王」の一人として上方落語の復興に努力を惜しまず、関西だけでなく全国および海外でも積極的に独演会を開催、その一方で個性豊かな弟子たちの才能を開花させた。昭和59年上方落語協会四代目会長に就任、平成4年に上方落語界の名跡・文枝を襲名、五代目となる。人柄同様、やわらかで「はんなり」と評された上方情緒あふれる芸風で多くのファンを魅了した。昭和46年の芸術祭優秀賞、昭和49年の上方お笑い大賞ほか受賞多数。平成15年には旭日小綬賞を受けた。出囃子は「廓丹前」。得意ネタは「舟弁慶」「天神山」「たちきれ」など。