第11回殿堂入り(平成18年度)

人生幸朗・生恵幸子漫才師

人生幸朗(ジンセイ コウロウ) 明治40(1907)年~昭和57(1982)年 享年74
生恵幸子(イクエ サチコ) 大正12(1923)年~平成19(2007)年 享年83

人生幸朗は、芸界に憧れて二十一歳で旅回りの一座に参加、ほどなく大阪を活動拠点とする。
昭和6(1931)年頃、都家文雄に弟子入り、文蔵と名乗る。
その後、人生幸朗と改名、何人も相方を変えたが、昭和29(1954)年4月、生恵幸子とコンビ結成、夫婦となった。
昭和35(1960)年頃から千日劇場でトリを任されるようになり、昭和37(1962)年に吉本興業へ移籍、さらに注目を集めるようになった。
昭和40年代以降は吉本でもトリをつとめる大看板として活躍した。
その一方で刑務所慰問などに尽力を惜しまず、生涯にわたり慈善事業を続けた。
「責任者出てこいッ!」の決めゼリフや、「まぁ皆さん聞いてください」など、幸朗独特のぼやきの話術と、幸子の一本調子のツッコミは、絶妙に絡み合い、コンビならではの笑いを生み出した。
昭和49(1974)年に上方漫才大賞奨励賞、昭和52(1977)年に上方お笑い大賞を受賞。