第9回殿堂入り(平成16年度)

夢路いとし・喜味こいし漫才師

夢路いとし(ユメジ イトシ) 大正14年(1925)~平成15年(2003) 享年78
喜味こいし(キミ コイシ) 昭和2年(1927)~平成23年(2011) 享年84

昭和12年上方漫才の草分けである荒川芳丸に入門、荒川芳博・芳坊と名乗り、翌年吉本
興業に入り初舞台を踏む。昭和23年、夢路いとし・喜味こいしと改名「いと・こい漫才」で親しまれた。
その話術は漫才の最高峰に達したと評価され、上方漫才界に与えた影響は計り知れない。
しかしながら夢路いとしの死により、いと・こい漫才70年の歴史に終止符が打たれた。
紫綬褒章、勲四等旭日小授賞、大阪市指定無形文化財、菊池寛賞、在阪テレビ各局設定のお笑い大賞など多数の受賞歴。