第16回殿堂入り(平成24年度)

岡八朗(オカ ハチロウ)コメディアン

昭和13(1938)年~平成17(2005)年 享年67

吉本新喜劇を代表するコメディアン。1959年4月、吉本新喜劇の前身である吉本ヴァラエティに第一期研究生として入団、本名の市岡輝夫で初舞台を踏む。
翌年4月、漫才師の浅草四郎とコンビを組み、岡八郎として大いに売り出し、人気コンビとなるが、1966年に相方が亡くなり、吉本新喜劇に復帰。
間もなく座長となり、昭和40年代から昭和50年代にかけて、吉本新喜劇の看板スターとして一世を風靡した。
「くっさー」、「えげつなー」、「隙があったら、かかってこんかい!」など、数限りない爆笑ギャグを生み出し、”ギャグ王”の名をほしいままにした。
盟友・花紀京とのかけ合いなど、抱腹絶倒の名場面は今なお記憶に新しい。
1989年に退団後、体調不良にも悩まされるが、2002年12月には芸能生活45周年公演を見事成功させた。2003年に改名して岡八朗となる。
2005年7月、弟子のオール阪神・巨人の記念公演へのゲスト出演が最後の舞台となった。