第15回殿堂入り(平成23年度)

若井はんじ・けんじ漫才師

若井はんじ(ワカイ ハンジ) 昭和8(1933)年~昭和51(1976)年 享年42
若井けんじ(ワカイ ケンジ) 昭和10(1935)年~昭和62(1987)年 享年52

二人は兄弟。両親は漫才師の荒川久丸・小夜子。
1946年、はんじが荒川照坊と名乗り、両親とのトリオ漫才で初舞台を踏む。
1年後、父が亡くなり母とコンビを組む。
1948年、けんじとコンビを組み、荒川福児・笑児として兄弟漫才で売り出す。
1959年、デイトチック・ヤングと名前を変えて再デビュー。
漫才作家・秋田實の指導を受け、1960年10月、道頓堀・角座にて若井はんじ・けんじと改名した。
スピード感ある洗練された漫才で瞬く間に注目を集め、「アタマの先までピーコピコ!」や「ごめんネ」のギャグが流行語になる。
愛称は「はんけん」。毎日放送『ダイビングクイズ』の二代目司会者(1964年10月~1973年3月)としても人気を博した。
1976年、はんじが病没してしまい、けんじは同じく相方を亡くした上方柳次とコンビを結成するが間もなく解散。その後、事業家に転身。
1983年には東大阪市議に初当選。
1987年、漫談家として芸能界に復帰した直後、交通事故で亡くなった。