第1回殿堂入り(平成8年度)

三代目 吉田奈良丸(ヨシダ ナラマル)浪曲師

明治31年(1898)~昭和53年(1978)享年80

第1回殿堂入り (平成8年度)昭和期に活躍。和歌山県の生まれ。
12歳のとき二代目吉田奈良丸に入門。
はじめ松若、のち一若と改め、昭和4年、三代目奈良丸を襲名した。
一若時代から出藍の誉れあり。その格調高い芸風と円熟の曲節は東西浪曲界の随一と讃えられた。
師匠ゆずりの「勧進帳」「義士伝」のほか「井伊大老」などを得意とし、浪曲の黄金時代を飾った近代浪曲界の巨星。