施設案内

上方演芸資料館(愛称:ワッハ上方)は、「上方演芸の保存及び振興を図るとともに府民に上方演芸に親しむ場を提供し、大阪文化の発展に資する」という目的で、平成8年11月に設置された全国で唯一の演芸資料館です。
このたび、大阪人のアイデンティティの一つである「笑い」をはじめとする上方演芸の素晴らしさを広く発信していくため、魅力ある施設を目指し、改修を行いました。
リニューアル後のワッハ上方では、収蔵資料を活用した常設展示や、これまでにない視点から上方演芸を紹介する企画展示をはじめ、演芸人のおもしろ映像コーナーや、上方演芸を学んでいただけるワークショップなど、多彩な展示・催しを行っていきます。
ぜひお楽しみください。

  • 常設展示エリア

    大阪弁の解説パネルや、歴史的価値のあるポスター展示のほか、映像音声視聴ブースを設置しています。上方演芸の歴史を知ることができるコーナーです。

  上方演芸の歴史年表!!

  大阪弁の解説!!

  なつかしの

  映像音声視聴ブース!!

  • 企画展示エリア

    上方演芸に関する企画展や特別展を開催しているエリアです。
    昭和から平成にかけて、誰もが楽しめる身近な話題を取り入れたしゃべくり漫才で「上方漫才の最高峰」、「上方漫才の至宝」と称され、兄弟の漫才コンビとして長く活躍された夢路いとしさんと喜味こいしさんの特別展「夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展」を開催しています。

    幼少期からの写真やお二人が出演された寄席のパンフレットなど約50点を展示。

  • 体験エリア

    映像技術を用いた記念撮影・にらめっこ対決が楽しめます。また、ワークショップを開催する演芸ステージを設置しています。
      高座で写真撮影!!

      演芸人さんとにらめっこ!!
    (現在、利用を休しています。利用再開が決まりましたら、お知らせします。)

     

    M-1グランプリ2018とM-1グランプリ2019のファイナリスト各9人と写真撮影!!
    ご自身のスマートフォンに保存ができます。

アクセス

大阪府立上方演芸資料館 (ワッハ上方)
【電話】06-6631-0884
【住所】〒542-0075 大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル 7階

アクセス情報

地下鉄「なんば」、近鉄・阪神「大阪難波」、南海「難波」徒歩5分
JR「JR難波」徒歩10分

<地下鉄御堂筋線なんばから>
2番出口から「NAMBAなんなん」地下街に入り、E5階段を上る。
右手すぐの南海通に入り、一つ目の四つ角を右折、道具屋筋商店街を目指して30m。道具屋筋の手前右側にある1階がディスカウントショップの入ったビルを、店内のエレベーターにて7階へ。

<近鉄・阪神「大阪難波」、南海「難波」、JR「JR難波」から>
高島屋を目印に地上へ。東側、南海通を進み、一つ目の四つ角を右折。
道具屋筋商店街を目指し、更に30m進む。道具屋筋手前の右手にあるディスカウントショップの入ったビル、店内エレベーターにて7階へ。